weave

blog

2021-10-17 13:01:00

子育てに形而上学が必要なわけ。

 

866D6F3A-0AA7-48CB-860C-04480B7E14B1.jpeg

〇〇まで行きたいのですが、

道に迷ってしまって…💦

人に道を尋ねられたとき、

その【目的地】が知らない場所だったら、

案内してあげたくても、できないですよね💦

ごめんなさい、分からないです。

(スマホの地図で調べて、)

多分、こう行ったら着きます。

ちょっと分からないので、

あそこの交番で聞いてみてください。

知らない場所への行き方を聞かれても、

その場所のイメージすら持てないわけで🧠

 

 

D052C063-BC2B-41DB-9099-49F1D50BC366.jpeg

この状況を 子育て に置き換えてみます。

ほとんどの親御さんは、子どもに対して、

幸せな人生を送れる大人になってほしい!

と願っていますよね🌈

思いの差はあれど、

どーにでもなれ!不幸になれ!

なんて思ってる親はいないはず。

【目的地】= 幸せな人生を送れること!

幸せな人生って…何??

大半の人がこう定義してるんじゃないかなぁ

  • 何不自由なく生活できる
  • より良い生活が送れる
  • 欲しいものが欲しい時に手に入れられる
  • 行きたい時に行きたい所へ行ける
  • 大企業、有名企業で働く
  • 有名になる
  • お金持ちになる

『 幸せ 』と定義してきた、これらのこと。

誰からの影響も一切受けず、

自らの奥底から湧き出てきた

純粋な思いなのだろうか…

誰かから、親から、常識から、

定義づけたものだったりしませんか?

 

5CAFA944-733D-4455-AF51-9D8E6781D354.jpeg

人間とは何か…

約8,000年前から秘密裏に伝えられている、

万物に働いている法則への教えがあります。

それは、形而上学。

そこには、

人間とは何か?私とは何者か?

究極の問いへの答えが隠されています。

形の上の学問。

形になる前の目に見えない領域を扱う学問。

対して、

私たちが学校などで勉強してきたものは

すべて 形而下学 です。

形の下の学問。

目に見えるものを扱った学問。

学問の祖といわれている

アリストテレスは

形而下学だけを学んでは、

世界が混沌とする。

形而上学も学ばないといけない。

と伝えています。

親も子も人間です。でも!子どもより先に

人生を歩んでいる親である私たちですら、

人間とは何か…は、知らないですよね😱

学校でも教わらないし🏫

人間とは何か…も知らずに

『 幸せな人生 』って、

どうやったら設定できるのでしょう??

そもそも、

『 幸せな人生を送ってほしい 』

という目的地ですら、

親の願望でしかないですからね。

子どもは置いてけぼり。

子どもは『今』を

全力で楽しんでいますから🎶

人間とは何か、という

まだほとんどの人が知らない

本当の目的地 へ繋がる答えを知らなければ、

今、目指している目的地は、

その子にとっては

間違っているかもしれないんです🙅‍♀️

私たちが知らなかっただけで、

見たことも、感じたこともない世界が

この世にはまだまだ沢山隠されています。

子どもの幸せを、

自分自身の幸せを願うなら、

形而上学 を、

そのエネルギーと共に!!

日常に取り入れてみてください!!

見える世界がまるっきり変わってきます🌍✨

 

 

https://ameblo.jp/ririma124/entry-12704288721.html